股関節の痛み

割引

メディア掲載

整体師が集まるセミナー講師が技術顧問をしています

こんな症状でお困りではありませんか?

  • 股関節を動かすと痛い
  • 股関節につまり感がある
  • お尻の横が痛い
  • つまづく事が多い
  • レントゲン検査で骨に異常はなかった

今すぐ当院にご相談下さい

本当に股関節の痛み?

まず初めに、お伝えしたい事があります。股関節が痛いと来院されるお客様の中で、股関節そのものに問題がある方は非常に稀です。

高齢者の方、スポーツでの外傷、先天的に股関節に異常がある方、などを除けば、そのほとんどが「股関節周辺」の問題であるケースがほとんどです。股関節周辺というのは、股関節の動きに関わっている「筋肉」の異常ということです。

下のイラストを見て下さい。示されている筋肉のほとんどが股関節に関わっている筋肉です。そして、そのどれもが、股関節近辺を付着部としています。これら筋肉の異常が、位置的に股関節と近いため、「股関節が痛い」と認識される方が多いようです。

では、これら股関節に関わる筋肉に問題が生じてしまう原因は何でしょうか?

  • 骨盤前面筋肉
  • 骨盤後面筋肉

股関節周辺の痛みの原因は骨盤の歪み

股関節に関わる筋肉に異常が生じてしまう原因は、ずばり、「骨格の歪み」です。スポーツなどによる筋肉の過剰使用がなくとも、これらがあると、日常生活レベルでも股関節周辺の筋肉に負担がかかります。

骨格の歪みと言いましたが、その中でも「骨盤の歪み」は、股関節に異常を来す大きな要因です。

上のイラストをもう一度見て頂くとおわかりになると思いますが、股関節に関わる筋肉のほとんどが、骨盤に始まり大腿骨(太ももの骨)に付着します。骨盤はこれら筋肉の土台な訳です。

土台である骨盤が歪むと、左右前後の筋肉の使い方も歪んできます。要は、今まで以上に使われてしまう筋肉と使われない筋肉が出てきてしまうのです。当然、必要以上に使われてしまう筋肉は緊張し凝り固まってきます。すると、ある段階で痛みに変わるのです。

この場合、レントゲンやMRIなどの画像検査では異常が認められないため、「原因不明」や「筋力不足」と片付けられてしまうケースもあるようです。

もし、股関節周辺の痛みと共に、身体のバランスがおかしいと感じる方がいれば、上記のような事が起きてるのかもしれません。当院にお気軽にご相談下さい。

股関節そのものに異常がある場合

股関節

股関節周辺の筋肉の異常についてご説明してきましたが、当然のごとく、股関節そのものに問題があるケースもあります。では、「股関節周囲の筋肉の問題」と「股関節自体の問題」は、どのような症状の違いがあるのでしょうか?わかりやすく言えば、以下のような違いがあります。

・動かすと痛い→股関節周囲の筋肉の問題

・体重をかけると痛い→股関節自体の問題

股関節自体に問題がある場合は、体重をかけると痛い、という特徴があります。逆に、股関節周囲の筋肉の問題の場合は、体重をかけるよりは動きの中で痛みが増すケースが多いです(もちろん例外もあります)。

股関節自体に問題があるケースに、軟骨に変形がおこる変形性股関節症や、関節の淵を形成する関節唇に傷が付いてしまう股関節関節唇損傷、また、先天的に股関節に問題がある先天性股関節脱臼、臼蓋形成不全などがありますが、どれも、骨盤の歪みの調整で、個人差はありますが、痛みや違和感の軽減が見られます。

骨盤の歪みは、左右にかかる体重も変わってしまうため、結局のところは関節にもダメージを与えてしまうのです。

股関節に異常を感じる方は、股関節だけでなく体全体に目を向けてみましょう。もし、自分で解決できない場合は、我々がご協力できることもあります。一度ご相談下さい。

反り腰を矯正すると驚きの変化を体感できます

割引

腰痛と骨盤矯正専門整体院

〒102-0071東京都千代田区富士見2-6-10三共冨士見ビル404